ブログ

まつ毛を洗う新習慣

Share on Facebook
LINEで送る

1

2

3

まつ毛を洗う新習慣
涙の組成に着目し、目に負担をかけないクレンジング料のアイシャンプー

最近よく耳にする「まつ毛ダニ」ですが、どんなものなのでしょう?

私たちのまつ毛には、目には見えませんが「まつ毛ダニ」と呼ばれるダニが棲みついている事が多いと言われています。
最近まつ毛が抜けやすかったり、まつ毛が短くなった・・・と言う悩みをお持ちの方、もしかしたらまつ毛ダニが棲みついているかもしれません。

まつ毛に棲みついているダニは「毛包虫」という名前の、顔ダニの一種です。
体長は0.1ミリから0.4ミリほどで肉眼では見る事ができませんが、20歳~50歳の成人で5割、60歳を超えると7割の人のまつ毛にダニが寄生しているとも言われています。

ニキビダニとも呼ばれ、毛穴に棲みつき毛根の栄養を吸い取り成長していきます。
寿命は3ヶ月前後で、その間にメスが50個程の卵を産み、繁殖を繰り返すと言われています。

毛包虫自体は、成人であれば誰の顔にも存在し、皮脂を食べて肌を弱酸性に保ってくれる役割をしていますが、増えすぎてしまうと炎症を起こしたり肌トラブルの原因になると言われています。

このような症状が出ていたら、要注意かもしれません。

・まつ毛が短くなる、よく抜ける
・目がかゆくなる
・目がショボショボする
・目が充血する
・ものもらいがよくできる
・まつ毛にフケが付いている

さらに、ドライアイもまつ毛ダニが原因で起こる場合もあります。
まつ毛の根元には「マイボーム腺」という皮脂腺があり、その皮脂腺から分泌される皮脂が涙に溶け込むことで油膜を作り涙の蒸発を防いでいます。
まつ毛ダニが繁殖する事でこのマイボーム腺が詰まり皮脂の分泌が衰えることで、目が乾燥するなどドライアイの原因になります。

*<マツエクを付けている>*
近年はまつ毛のエクステンションを付けている女性が増えていますよね。
マツエクを付けていると、マツエクが抜けるのを気にして、まつ毛の洗浄が不十分になる事が多く、メイクや皮脂が残りやすく目元が不衛生になりがちです。
すると、その皮脂や汚れを餌にしてまつ毛ダニが繁殖しやすくなります。

*<アイメイクを落とさず寝てしまう>*
仕事や飲み会で疲れて帰って、メイクを落とさずに寝てしまう事はありませんか?
メイクは時間が経つと皮脂が出て、その皮脂を餌にまつ毛ダニが繁殖して痒みなどが発生します。
また、まつ毛ダニは夜行性なので、夜にメイク汚れをそのままにしておくとその部分にまつ毛ダニが集中し、炎症が酷くなると言われています。

*<朝晩、洗顔料を使わない洗顔方法を実践している>*
近年メディアで取り上げられるなどして人気の“洗顔料を使用しない洗顔”は、まつ毛ダニの餌になる皮脂を多く残すため、まつ毛ダニを繁殖させる原因になります。
一日一回は洗顔料での洗顔をおすすめいたいします。

また、コンタクトレンズのつけっぱなしや雑な洗顔もまつ毛ダニを繁殖させる原因にもなります。

それでは、まつ毛ダニはどのようにして予防・除去すればいいのでしょうか?

自宅で簡単に出来る方法としては「目を清潔に保つこと」です。

忙しいと洗顔が雑になりがちですが、目元を意識しながら優しく丁寧に洗顔をしてください。
また「メイクはしっかり丁寧に落とす」「マツエクは定期的にオフして少し休んでからつける」「アイメイクをしない日をつくる」
など、目元を清潔に保つ事を意識するようにして下さい。
ですが、目元の皮膚は薄く、強く擦ったりを繰り返していると、シミやシワの原因にもなります。

私は、マツエクからつけまつげにしてから、専用のグルーがが完全に取れていない気がしていましたが、アイシャンプーで洗ってみたらスッキリしました!

商品のお問い合わせは弊社までお願い致します。

有限会社 フェニックス
TEL/06-6375-7790

ブログ投稿・結木